Posted by at

2015年03月18日

647年  渟足柵(ぬたりのさく)設ける

トップ > サイトマップ >








647年  渟足柵(ぬたりのさく)設ける



渟足柵(ぬたりのき、ぬたりのさく)

※城柵(日本の城)で、日本で最初につくられた城柵と目される。

城柵(じょうさく)は、7世紀から11世紀までの古代日本において大和朝廷が築いた軍事的防御施設。

※越国に造られた。現在の新潟県新潟市東区にあったと考えら、8世紀初めまでは存在したと思われる。

越国(こしのくに)は、現在の福井県敦賀市から山形県庄内地方の一部に相当する地域。





  


Posted by 夢子 at 11:11Comments(0)647年

2015年03月17日

647年 七色十三階の冠位制定

トップ > サイトマップ >





647年 七色十三階の冠位制定




七色十三階冠(ななしきじゅうさんかいかん)

647年に制定された日本の冠位。

604年に制定された冠位十二階制を改めて648年から施行されたが、649年に冠位十九階制に再改正された。


  


Posted by 夢子 at 11:11Comments(0)647年

2015年03月16日

647年 群臣らに庸調を支給する

トップ > サイトマップ >






647年 群臣らに庸調を支給する



租庸調(そようちょう)

律令制度の税制の中心になるもの。中国・唐の制度大化の改新で定められた。

租(そ)・・・口分田の広さに応じて稲を治める。⇒地方の財源に

調(ちょう)・・・その土地の特産物をおさめる。⇒中央政府の財源に

庸(よう)・・・労役の代わりに一定量の布をおさめる。⇒中央政府の財源に


※庸は調と一括徴収されたので、庸調(ようちょう)と連称された

  


Posted by 夢子 at 11:11Comments(0)647年