› 日本の歴史を可愛らしく表現 › 604年 › 604年 聖徳太子が十七条憲法を制定

2015年01月26日

604年 聖徳太子が十七条憲法を制定

トップ > サイトマップ >





604年 聖徳太子が十七条憲法を制定


この『十七条憲法』は現代の憲法とは異なり、君・臣・民の関係を示し、臣(官吏)の政治に対する心構えを説いたもの。


一に曰く、和を以って貴しとなし(わをもってとおとしとなし)

みんな仲良くしなさいという意味


二に曰く、篤く三宝を敬へ(あつくさんぽうをうやまへ)

三宝(仏・法・僧)、つまり仏様とその教え、そしてその教えを実践するお坊さんを大切にしなさいという意味。


三に曰く、詔を承りては必ず謹め(みことのりをうけたまはりてはかならずつつしめ)

詔(天皇の命)を聞いたら必ず従いなさいという意味。



こんな感じで十七条が綴られています。








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。