› 日本の歴史を可愛らしく表現 › 622年 › 622年 橘大郎女が天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)を作る

2015年02月10日

622年 橘大郎女が天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)を作る

トップ > サイトマップ >





622年 橘大郎女が天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)を作る




天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)

聖徳太子の妃・橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が、聖徳太子の死去を悼んで、太子が往生したという天寿国のさまを刺繍させたもの。東漢末賢(やまとのあやのまけん)ら3人の帰化人に下図を描かせ,采女(うねめ)らに刺繍させたもの。

天寿国曼荼羅(てんじゅこくまんだら)ともいう。

奈良県斑鳩町の中宮寺が所蔵。国宝。


中宮寺(ちゅうぐうじ)
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1丁目1-2
※法隆寺に隣接する、聖徳太子ゆかりの寺院






同じカテゴリー(622年)の記事画像
622年 聖徳太子亡くなる
同じカテゴリー(622年)の記事
 622年 聖徳太子亡くなる (2015-02-09 11:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。