› 日本の歴史を可愛らしく表現 › 626年 › 626年 蘇我蝦夷が大臣になる

2015年02月16日

626年 蘇我蝦夷が大臣になる

トップ > サイトマップ >





626年 蘇我蝦夷が大臣になる


父・蘇我馬子が亡くなったあと、子の蝦夷が大臣となる。

推古天皇末年から皇極天皇の御代にかけて大臣として権勢をふるう。

645年、乙巳の変(いっしのへん)で自害した。




蘇我蝦夷(そがのえみし)

飛鳥時代の政治家、貴族。

生誕  用明天皇元年(586年)?
死没  大化元年6月13日(645年7月11日)

父・蘇我馬子、母・物部守屋の妹太媛



同じカテゴリー(626年)の記事画像
626年 長雨のため大飢饉
626年 蘇我馬子亡くなる
同じカテゴリー(626年)の記事
 626年 長雨のため大飢饉 (2015-02-17 11:11)
 626年 蘇我馬子亡くなる (2015-02-13 11:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。