› 日本の歴史を可愛らしく表現 › 669年 › 669年 藤原鎌足死去

2015年04月15日

669年 藤原鎌足死去

トップ > サイトマップ >






669年 藤原鎌足死去


中臣鎌足(なかとみのかまたり)のち藤原鎌足(ふじわらのかまたり)

飛鳥時代の政治家。
中大兄皇子(のち天智天皇)らとともに蘇我氏を倒し、大化改新政府の内臣(うちつおみ)となって律令体制の基礎をつくった。
藤原氏の祖。


死の直前に天智天皇から大織冠を授けられ、内大臣に任ぜられ、『藤原』の姓を賜る。その翌日に逝去した。


大織冠(たいしょっかん)
大化の改新後定められた冠位制で最高の冠位。藤原鎌足ただ一人が授けられた。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。